お買い物かご


暑い夏の時期、ペットも夏バテをしてしまうことがあります。
夏バテは、食欲減退と水分不足としてあらわれます。
夏場でも普段通りの食事と水分の摂取ができるよう、環境を整えてあげましょう。

夏バテを防ぐためには?
夏バテを防ぐために大切なのは、できるだけ体温が上がりにくい環境を維持してあげることです。
また、冷房が効いていても、長時間日光にさらされると体温調節機能を損ない、体温が上がってしまいます。
空調だけでなく、直射日光にも注意しましょう。

エアコンで部屋を涼しくしたり、クールマットや接触冷感のベッドを使用し、
夏バテや熱中症にならないよう気に掛けてあげましょう。

ボタニカルスクエアベッド
Sサイズ
Mサイズ
ひんやりBOXベッド
ボーダー Sサイズ
ボーダー Mサイズ
チェック Mサイズ


気をつけたい!夏場の食中毒
夏場は病原体の増殖が早く、下痢・嘔吐で動物病院へ来院されるペットも増えます。
夏場は特に食中毒に注意しましょう。

夏場の食中毒の対策としては、下記のようなことが挙げられます。
・食器は毎回洗剤で洗う
・1日3回は飲み水を交換する
・ウェットフードやふやかしたドライフードは、食事が終わったらすぐに下げる
・缶詰の残りは密閉して冷蔵庫で保存する
・拾い食いや、土・葉の誤飲には注意する

下痢や嘔吐の症状が続いたら、できるだけ早く動物病院で診てもらいましょう。



水分不足にならないために
夏バテだけでなく、熱中症の恐れもあります。
長時間高温の環境にいることで、体温調節機能が乱れ、熱中症になってしまう危険があります。
また、夏場に起こりやすい食中毒による下痢・嘔吐でも、
一気に多量の体液が失われるため、脱水状態に陥りやすくなります。

水分不足にならないために、積極的に水分を摂取しましょう。
おでかけやお散歩のときの水分補給にも便利な、折りたたみ式の水飲みボウルもご用意しています!


SサイズLサイズ



暑い夏もペットが健康に過ごせるよう、快適な環境を作ってあげましょう。


疾患で探す

ブランドから選ぶ

観賞魚生体・用品

犬猫用品

小動物用品

サプリメント

読み物