お買い物かご


耳にすることが多い「腎臓病」。 特に高齢の犬や猫は腎臓病になる割合が高くなります。
今回は腎臓病について説明していきます。



腎臓病(慢性腎臓病・腎疾患)とは

腎臓に障害が起こると、血液中の老廃物をろ過したり、
体に必要な水分を再吸収するはたらきができなくなってしまいます。

腎臓の中には、沢山の尿を生産する工場があります。
この工場が傷ついて閉鎖されてしまうことで、腎臓病は起こります。



病気が進行すると、尿として体の外に排出されるべき毒素が十分に出されなくなってしまい、
尿毒症といわれる非常に危険な状態になります。
血液中に毒性のある不要物がたまって、嘔吐や下痢などを起こしたり、
水分がなくなりすぎて脱水症状になってしまったりします。



腎臓病の原因とは

植物や薬品を食べてしまってなることもありますが、ほとんど原因はわかっていません。

腎臓へダメージを与えるもの




腎臓病の治療について

腎臓は一度障害を受けると、残念ながらその機能は回復しません。
そのため、進行を遅らせるために点滴や投薬が必要となります。

腎臓病は早期発見・早期治療が重要です。
腎臓病を早期発見できる検査があります。



日頃からペットの食欲、元気、飲水量・尿量に注意し、定期的に検診を受けましょう。



腎臓病・腎疾患の犬猫用フード

腎臓病の犬や猫は食欲が落ちていることが多いので、食べてくれる療法食を選択することが重要です。
当店で取り扱っている腎臓病・腎疾患のペット向けの療法食をご紹介いたします。



※療法食は、必ず獣医師の診断のもと、与えるようにしてください。




疾患で探す

ブランドから選ぶ

観賞魚生体・用品

犬猫用品

小動物用品

サプリメント

読み物