お買い物かご


お散歩中に起こる「ケンケン」の症状で知られる膝蓋骨脱臼についてのお話です。



膝蓋骨脱臼とは

膝蓋骨脱臼は、膝蓋骨(いわゆる膝のお皿)が外れてしまう病気です。
はじめのうちは、お皿が外れてもすぐに元の位置に戻りますが、進行すると外れたままになります。
そのため、膝の靭帯や骨に負荷がかかり、靭帯断裂や骨の変形につながることがあります。




こんなときは膝蓋骨脱臼を起こしているのかも!
・突然キャンと鳴き、片足を上げたり引きずったりする。
・片足でケンケンしていると思ったら、いつの間にか普段通りに歩いている。
・3本足で歩いている。




膝蓋骨脱臼と言われたら

痛みのあるときは適切な治療を行いつつ、安静にすることが大事です。
また、次のような点にも気を付けていきましょう。


体重管理
体重が重いと膝などの関節に負担がかかります。
1日の適正な摂取カロリーは意外と少ないものです。
おうちの子に合った適正カロリーをかかりつけの病院で聞いてみましょう。





お部屋での工夫
フローリングは滑りやすく、足をひねった拍子にお皿が外れてしまうことがあります。
定期的に爪や肉球の間の毛をカットし、カーペットを敷くなど滑らないようにしましょう。
階段やソファーなどの段差の昇り降りは極力避けましょう。


お散歩
痛みがひいても無理に歩かせようとせず、適度な距離をゆっくり歩きましょう。





フード・サプリメント
関節の補強にペット用関節サプリメントやフードなどを活用しましょう。
体重管理も一緒にできるフードが登場し、とても便利です。





おやつサプリ シニアサポート 80g
グルコサミン・コンドロイチンと、抗酸化物質コエンザイムQ10を配合しました。



疾患で探す

ブランドから選ぶ

観賞魚生体・用品

犬猫用品

小動物用品

サプリメント

読み物