お買い物かご


「最近うちのコの目が白くなってきた。」
そのようなご相談を弊社の動物病院ではよくお受けします。
そこで、今回は眼が白く見える病気をいくつかご紹介します。



眼のつくり






1.水晶体の異常

(1)白内障


水晶体(いわゆるレンズ)が様々な原因により白く濁った状態。
原因は、加齢性や遺伝性が多いですが、外傷性、先天性、糖尿病の併発によることもあります。
年齢や品種には関係なく、犬に多く猫ではあまりみられません。
進行具合により、次のように分類されます。
●初発・未熟:視覚があり、進行を遅らせる点眼薬を使います。
●成熟・過熟:視覚が無く外科手術の適応になります。



(2)核硬化症

水晶体の中央が青白く見えるようになる状態で、5歳以降に増えてきます。
老化現象の一つで、視覚を失うことはないので、治療の必要はあまりありません。
犬に多く、猫ではあまりみられません。




2.角膜の異常

(1)角膜潰瘍

眼の表面にできる、角膜の傷。
傷の深さにより、グレード1〜5に分類されます。
軽症の場合は、点眼薬での治療が可能ですが、重症の場合は外科手術が必要になることもあります。
犬猫用の治療用コンタクトレンズもあります。


(2)角膜ジストロフィー

両眼の角膜中央に円形〜ドーナツ型の結晶のような混濁がある状態。
遺伝性が疑われていて、重症でなければ失明することはありません。


眼の病気は進行が早い場合もあり、様子をみるということはおすすめしません。
眼が白い原因を調べるためには検査が必要なので、少しでも気になることがあれば、かかりつけの獣医師さんにご相談ください。





眼の健康のための犬猫用サプリメント

当店で取り扱っている眼の健康をサポートするサプリメントをご紹介いたします。

メニわんEye CareII
メニわんEye+NeoII
メニにゃんEye



疾患で探す

ブランドから選ぶ

観賞魚生体・用品

犬猫用品

小動物用品

サプリメント

読み物