お買い物かご


十分なお水を飲めていますか?

犬猫や私たち人間の体は、全体重の約60〜70%が水分で構成されています。
そのことから、水は生命を維持するうえで最も重要な栄養素といえます。

体内の水分の10%を失うと脱水症状で危険な状態となり、それ以上の脱水では死に至る危険性があります。

脱水まではいかなくても、十分な水分が摂れていないと、
体内の水分を再利用するために腎臓で水が再吸収されます。
すると、尿中の水分量は減りますが、一緒に排出される尿素やアンモニアなどの量は減らないので、
尿の濃度がどんどん濃くなってしまいます。
その結果、尿石症や膀胱炎、腎臓病のリスクが高くなります




1日に必要な水分量

では、1日にどれぐらいの水分を摂取する必要があるのでしょうか。
実際に計算してみましょう。

1日の水分必要量の目安は、1日あたりのエネルギー要求量(DER)の単位をmlに置き換えた量となります。



※係数は成犬の場合1.6、成猫の場合1.2としますが、
 年齢や運動量によって異なりますので、目安として参考にしてください。
※体重の0.75乗は電卓で、「体重×体重×体重=√√=」で求められます。

<例>
◆5kgの成犬の場合
DER(kcal/日)=70×5の0.75乗×1.6
 =374kcal/日
↓↓↓↓↓
1日あたりのエネルギー要求量の目安が374kcalなので、
1日の水分必要量の目安は374mlとなります。


ドライフードが主食の場合、ドライフードの水分含有量は10%以下なので、
ほとんどの水分を飲水で摂取する必要があります。

しかし、犬や猫は自由に水を飲める環境があっても喉の渇きを感じないと
自発的に水を飲もうとしないことが多く、寒い時期はさらに飲水量の低下がみられます。




メディムースで美味しく水分補給

そんなときにおすすめしたいのが、普段の食事にウェットフードを取り入れることです。

当店オリジナルのメディムースは水分含有量85%以上。
総合栄養食のドライフードを食べているワンちゃんネコちゃんはもちろん、
療法食のトッピングとしても与えることができるので、
療法食を必要とするワンちゃん、ネコちゃんでも美味しく効率的に水分を補給することができます。

豊富な水分含有量で、水分補給をサポート。
ドライフードで不足しがちな水分を効率よく補い、腎臓病や尿石症のリスクを軽減します。



健康を意識したヘルシーな毎日に
メディムース 健康サポート
犬用
猫用



健康な皮ふ・被毛のために
メディムース 皮ふサポート
犬用
猫用



ストレスに弱く胃腸が心配
メディムース 胃腸サポート
犬用
猫用



服薬中・体力低下が気になる
メディムース 肝臓サポート
犬用
猫用



腎臓への負担に配慮したい
メディムース 腎臓サポート
犬用
猫用



カロリーを抑えてボリュームアップ
メディムース 肥満サポート
犬用
猫用




疾患で探す

ブランドから選ぶ

観賞魚生体・用品

犬猫用品

小動物用品

サプリメント

読み物