お買い物かご


皆さんの飼われているペットについて、その特徴や飼育上の注意点についてお伝えしていきます。
一言で犬と言っても、体格や顔など、それぞれの犬種によっていろいろな特徴や違いがありますよね。
今回は、見た目も特徴的な「短頭種」についてです。



短頭種とは

鼻が低く、いわゆる「鼻ぺちゃ」な顔立ちをしていることが最大の特徴であり、頭蓋骨の長さに比べて鼻の長さが短い犬のことです。
短頭種では、狭い外鼻孔(鼻の孔が小さい)や、
アンダーショット(下あごの方が上あごより出ている噛み合わせ)といった構造上の特徴があります。


※短頭種例※
フレンチブルドッグ、ブルドッグ、パグ、狆、ペキニーズ、シーズー、ボストンテリア など



短頭種に多いトラブル

短頭種だからこそのトラブル、しっかり理解してあげましょう。

顔周りのトラブル
鼻が低いために、眼や頬などが直接物にぶつかりやすいため、眼、頬の皮膚などを傷つけてしまうことも多いです。
眼に傷ができると角膜潰瘍にまで進んでしまうこともあります。
マズルが極端に短く皮膚のシワが多いため、その間に汚れが溜まりやすく、皮膚炎になりやすかったりもします。

皺壁性皮膚炎…シワの部分を広げると、赤み、湿疹が見られる


◆皮ふを健康に保つためにおすすめしたいアイテム◆

おやつサプリ 成犬用 皮ふサポート
プロテオグリカン、ビタミンE・B群配合で、健康な皮膚と輝く毛並みを維持します。
モエギキャップ 犬猫用
脂肪酸により関節・皮膚・心血管の健康をトータルサポートするサプリメント。
ヒノケア for プロフェッショナルズ
敏感肌の犬猫のために高機能成分を配合した低刺激シャンプー。



呼吸のトラブル

人は汗をかいて体温を下げますが、犬は肉球でしか水分の汗をかけないため、主に呼吸をすることで体温調節をしています。
興奮時や暑い時期などで体温が上がってしまうとそれを下げようと鼻孔が狭いなどの特徴から他の犬種よりも呼吸が激しくなります。
すると熱が体内にこもり、熱中症に陥ることもあります。
また、軟口蓋過長(のどの上あご側の柔らかい部分が大きくて垂れ下がる)の個体が多いので、
呼吸が激しくなると大きく垂れ下がった軟口蓋がのど付近でフタとなって気道を塞ぎ、呼吸困難を起こすこともあります。




飼うときに気を付けたいこと

短頭種を飼う場合は、上記のかかりやすい病気に気を付けてあげましょう。
顔のシワの部分は清潔に保つようにし、眼もいつもと変わりがないかをチェックしましょう。
部屋の温度・湿度管理を徹底し、夏場は特に散歩の時間帯をできるだけ朝早めか夜遅めにするなど、暑さ対策も大切です。
また、肥満は呼吸器症状の悪化を引き起こすため、体重管理もしっかり行いましょう。


◆夏場の暑さ対策・体重管理におすすめしたいアイテム◆

ひんやりスクエアベッド Mサイズ
接触冷感生地を使用したクールベッドです。
ファン&スロウフィーダーボウル
食事の時間を約10倍長く楽しめる食器です。
GUZZY(ガジィー) トレジャー Mサイズ
円盤型の知育トイ。時間を掛けて遊びながら食べる事で満腹感と運動不足を同時に解消できます。



疾患で探す

ブランドから選ぶ

観賞魚生体・用品

犬猫用品

小動物用品

サプリメント

読み物