お買い物かご


去勢や避妊などで愛犬や愛猫が手術を経験しているということもあるかと思います。
また、手術まではいかなくても、怪我などで傷口を縫う場合もあります。
そんなときに傷口を守る「術後服」をご紹介します。



傷口を守るには

傷口が痒くて掻いてしまったり、噛んでしまうことがあります。
また、包帯や絆創膏を剥がしたりしてしまうことも。
そのようなことを防ぐために、エリザベスカラーを付けることが定番です。

しかし、エリザベスカラーは首に装着するので、食事のときやお散歩のときに邪魔になってしまうことも。
特に体高の低いワンちゃん・ネコちゃんは床や地面にエリザベスカラーが付いてしまいます。
そして、動きが制限されてしまうので、ワンちゃん・ネコちゃんは嫌がることもあります。
そこでご紹介するのが「術後服」です。



術後服とは


お洋服と同じように、ワンちゃん・ネコちゃんに着せるだけで傷口を守ることができるウェアのことです。
エリザベスカラーと違い、食事やお散歩時にも邪魔にならず、ワンちゃん・ネコちゃんの行動を妨げません。
特に多頭飼いの場合は、他のワンちゃん・ネコちゃんに傷口を舐められてしまうこともあるので、そんなときには術後服が役立ちます。
※足先やしっぽなどウェアを着ても出てしまう箇所の怪我の場合には、エリザベスカラーの方がおすすめです。



術後服って必要?

傷口を舐めないことと、傷口を清潔に保つこと。術後の傷口にはこの2点が重要です。

動物は傷口を舐めて治そうとします。
しかし、傷口を舐めることで化膿したり、出血して治りが遅くなってしまうことがあります。
また、傷口を縫った場合には、糸を引っ張ってしまい、傷が開いてしまう可能性も。
傷口を覆っておく必要があるので、術後服が役立ちます。

そして、傷口は清潔に保たなければなりません。
術後服を着用することで傷口が隠れるので、室内で遊んだりお散歩に行っても、傷口が汚れることを防いでくれます。



エリザベスウエア

獣医師とオーナー様の愛犬・愛猫を思う気持ちをカタチにした術後服、「エリザベスウエア」。
ワンちゃん・ネコちゃんの動作を妨げないので、術後のストレスを軽減することができます。



ダックス・小型犬用
ダックスや胴が長めの犬種と、トイプードル・ポメラニアン・チワワ・シーズーなど比較的胴の長くない小型犬向き。



中型犬用
柴犬・キャバリア・ミニチュアシュナウザーなどの中型犬向き。



猫用
猫用のみ男の子・女の子兼用です。2色からお好みのカラーが選べます。


手術の予定がもしあれば、事前に愛犬・愛猫のサイズを確認し、術後服を準備しておくことをおすすめします。



疾患で探す

ブランドから選ぶ

観賞魚生体・用品

犬猫用品

小動物用品

サプリメント

読み物